コンサート会場が埋まらなかったと話す嵐・櫻井くん

嵐はデビューした最初の5年位はあんまり今ほど売れてませんでした。
その頃はSMAP全盛期ですね。嵐はSMAPと同じ事務所の後輩グループという位置づけかな。

あんまり売れてないと言っても、CDを出せば1位にはなってたし、各々が映画やドラマやったり、嵐の冠番組バラエティもあったし、それなりに活躍してたからすごいんだけど、やっぱり今ほど知られてなかった。

コンサートやっても会場が全部埋まらなくて悔しかったと、後に嵐が話しているのは有名な話。

その言葉が櫻井くんの言葉で聞けるコンサートDVDがこれ
SUMMER TOUR 2007 FINAL Time-コトバノチカラ- [DVD]

櫻井「この東京ドームと言う大きな箱で一番奥の方までお客さんが入って応援してくれる姿を見ると思いだす景色があります。
僕たちがデビューして2、3年目くらいかなぁやっぱり全部の会場で全部お客さんがいっぱい埋まるということはなくて、空いてる席見て悔しくて悔しくてたまらなくて。それが今こうしてこんなにいっぱいのお客さんが集まってもらえるのを見るとうれしくてうれしくてたまりません。」

嵐はコンサートの終盤でメンバー一人一人がファンに挨拶します。
来てくれてありがとうって。

これは櫻井くんがSUMMER TOUR 2007 FINAL Time-コトバノチカラ- [DVD]で言っていたことを抜粋しました。

このDVDは櫻井くんの挨拶も印象的ですが、他メンバーもスッゴク感動してることが伝わってきます。
相葉くんなんて泣きながら歌ってるもん。
相葉くんらしい。

ニノはビジネスアイドルなので(^^;淡々としてるけど、やっぱり感謝の気持ちが伝わってくる

そんな嵐の王者伝説の始まりのコンサートDVD、おすすめです!

SUMMER TOUR 2007 FINAL Time-コトバノチカラ- [DVD]
ジェイ・ストーム (2008-04-16)
売り上げランキング: 368
スポンサーリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサードリンク